所得税で得する為に、押さえたい定番の方法を分かりやすく解説

所得税は働いている人なら納めないといけない税金ですが、所得税の仕組みは知っていてもどのようなことをしておくと結果得する事ができるかなどは知らない人も結構います。他の税金制度と比べてみても所得税は知っておいた方が良いことが多いです。所得税は税金制度中でも消費税の次に身近な存在だし自分の給料から差し引かれるものなので、具体的にどのようなものか知っておいて損する事はありませんし、実際に知らないまま所得税を納めてしまっている人も結構な数でいますし、自分から損してしまう方に向かってしまうのはやはりもったいないです。

まず、所得税は年収などから控除を差し引いた課税所得というものに対して掛かります。課税所得税は式で覚えると分かりやすいのでおすすめです。一般的には[自分の年収-給与所得控除-その他の控除=課税所得]となります。覚えておくと課税所得の計算が大分楽になります。日本の所得税の制度は所得が高い人に従って税率が徐々に高くなっていく超過累進課税制度という仕組みをとっています。払わなければならない金額の税率は6段階に分かれていて、10%・20%・23%・33%・40%と所得が良い人には高い税率を支払わなければならない仕組みになっています。

具体的に言うと所得税は195万円以下の所得の場合だと税率は5%で控除額は0円で、195~300万円の所得の場合なら税率は10%で控除額は9万7500円です。なかなか良い年収になってくると、330~695万円の所得の場合だと税率は20%で控除額は42万7500円で、695~900万円の所得になると税率が23%で控除額が63万6000円になります。高収入の方になると、900~1800万円の所得の場合だと税率が33%で控除額が153万6000円になります、そして、 所得が1800万円を超えてしまう方になると、税率が40%で控除額が279万6000円になります。自分の収入のあたりの税率と控除額は忘れずに憶えておくと、とても便利なので忘れないでくださいね。

かなり高収入の方だと気をつけておかないといけないのが、平成27年からは最高税率が追加されることになっています。4000万円を超えてしまう収入になると、税率が45%で控除額は479万6000円とほぼ半分の税率になってしまいます。東日本大震災の復興する為の費用として、所得税だけではなく復興特別所得税が差し引かれています。復興特別所得税の税率は2.1%で合計する場合の式は[合計税率(%)=所得税率(%)×1.021]となります。復興税率は平成49年まで続くことになっているので、結構な長い間支払い続ける事になります。

所得税を控除する仕組みは給与所得控除以外にも基礎控除、配偶者控除、扶養控除などがあり、家族の人数に応じて控除することができる仕組みです。そのほかにも、厚生年金保険料や健康保険料などの社会保険料を支払った場合は、全額社会保険料控除となり税金の対象から外すことが可能です。総支払額からいろいろ差し引くことができるので、実際の収入に比べると所得は大分低くなります。所得税は税金の中でも最も人生で支払うことになると思いますので、どういうものか大体で知っているのではなく、得することのできる方法や結果を具体的にぜひ知って試してください。

slide

損しない為に!最低限知っときたい税金の種類や仕組みまとめ

税金の制度は具体的に知っている人はあまりいない場合が多いです。税金と一言にいっても色々な種類や仕組み

があるので、知っておいた方がいいです。

slide

何かいい対策は?パート、アルバイトの得する納税方法

年収が103万以下でも税金を支払わなければいけない時がありますが、確定申告をすることで差し引かれた税金

を取り戻すことが可能になるのでぜひしてください。

slide

初心者目線で一旦復習!今更聞きにくい税金制度

税金はどのような仕組みか分かっているつもりでも、具体的に理解している人は少なかったりします。税金の仕

組みをきちんと知って支払うことをおすすめします。

slide

知っている人はみんなやってる!?自動車税で損しない減免法

自動車税は思っている以上に掛かってしまう場合が多いです。エコカー減税などを駆使して自動車税を上手に抑えてください。